先読みコラム一覧

》2013年05月16日
第153回「無から有を生み出すBizモデル㉘‐ツイッターで怖いのはなりすましとスパムの横行」

前回ツイッターがもつ双方向性のリアルタイム速報性というテレビを抜く性能について述べた。しばしばSNS(フェイスブックなどソーシャル・ネットワーキング・サービス)との差が議論されるが、これは明白で、SNSでは参加会員による加入への参同が必要なのに対し、ツイッターはまさにだれでも参加できる点が大きく異なる。《つづきはこちら》

》2013年05月09日
第152回「無から有を生み出すBizモデル㉗‐双方向が威力のツイッター、テレビを抜くリアルタイム実現のボストン事件」

去る2013年4月15日、米ボストンで発生した爆弾テロ事件は、ツイッターが事件解決に大きな役割を果たしたことで、電子版ビジネスウィーク誌が大々的に取り上げるなど世間の注目を浴びた。《つづきはこちら》

》2013年05月02日
第151回「無から有を生み出すBizモデル㉖‐凋落ガソリンスタンドからみる次世代自動車、電気か水素か」

毎年5月は待望の連休たけなわ。道路は車でひしめきあい大渋滞を呈するのが普通だ。ところが、日常の周辺を眺めて頂きたい。気が付くのは、ガソリンスタンドの相次ぐ閉店である。日本の車は合わせて9千万代も存在し、その数はほとんど変わっていないというのに、エネルギー供給源たるガソリンスタンドがここにきて激減しているのである。直接の原因は《つづきはこちら》

》2013年04月25日
第150回「無から有を生み出すBizモデル㉕‐ITベンチャーの本質は情報の非対称化の創出」

ある世論調査をみよう。目的の政党が好きか、きらいかを調査したいのだが、依頼を受けるのは巨大なネットワーク・サービスを張っているインフォメーション・テクノロジー会社(IT)である。ネットに参加しているユーザーに対してランダムな選出を行い、上記の質問を発行すると、たちどころに返事が返ってくる。これに集計・統計処理を施すと世論調査は終わりだ。しかしこの調査は、日本なら日本という巨大な母集団を代表しているとみることができるのだろうか。否である。調査対象は《つづきはこちら》

》2013年04月18日
第149回「無から有を生み出すBizモデル㉔‐出現が危惧されるネット攻撃的選挙運動の“劇場的”エンタメ性」

本欄でもしばしば取り上げてきた インターネットを使った選挙運動が、わが国でも認められる動きとなった。これまで、ディスプレイ上に表示された文字は印刷ビラなどと同視され、有権者に投票を呼びかけることなどできなかった。これからは堂々と投票の呼びかけが可能になるばかりでなく、ネットを通じた献金も訴えることができるようになる。《つづきはこちら》